5th April 2020

タイニートリアのバナナブレッド

 

コロナウィルスの感染拡大を食い止めるために、できるだけ外出を控えて家で過ごす時間が長くなって、今まではできなかったことにチャレンジしている方もきっと多いと思います

 

お料理やお菓子づくりを楽しむにもうってつけの日々

タイニートリアのお菓子もぜひおうちで作っていただきたいので、簡単に作れて美味しくて日持ちもするバナナブレッドのレシピを紹介します

 

このレシピはタイニートリアの完全なオリジナルではありません

イーストロンドンにあるVIOLETのレシピを参考にして作り始めて、自分好みに少しずつ改良して出来上がったもの

改めて元のレシピを見てみると、お砂糖の多さにびっくりします

ご興味のある方はVIOLETのレシピ本「The Violet Bakery Cookbook」を探してみてくださいね

VIOLETオーナーのクレアは、ハリー&メーガンのウェディングケーキを作った人です

 

さて、このバナナブレッドを作るために必要な道具は、オーブン・ボウル2つ・ふるい・材料を計るスケール・泡立て器または電動ハンドミキサー・ゴムべら

 

そして焼型はパウンドケーキ型(目安は18cm×8cm×6cmくらい)とかカップケーキ型でも

大きな型で焼いたほうがしっとり感のある食感になりますが、どんな形でもサイズでも大丈夫

型にはクッキングシートを敷き込んでおきます

 

それでは材料です

................

(A)

中力粉100g(強力粉と薄力粉を半々で混ぜてもOK)

ベーキングパウダー 2.5g

重曹 2.5g

塩 2g

 

(B)

ヨーグルト 20g

水 20g

バニラオイル 2g(なくてもOK)

ラム酒 2g(なくてもOK)

全卵 50g(軽くほぐしておく)

菜種油 70g(サラダ油でもOK)

ブラウンシュガー 95g(きび砂糖でもOK)

 

バナナ180g(中サイズ2本)

表面に振りかけるグラニュー糖 適量

.......................

 

まずオーブンを予熱しておきます

温度はオーブンの種類によるのですが目安はこんな感じ

火力が弱めの電気オーブンなら200度で予熱して185度、

火力が強めのガスオーブンなら190度で予熱して180度で焼きます

 

では生地を作りましょう

(A)の粉類を全て一緒にふるいにかけてボウルに入れておきます

 

バナナは手で(ポテトマッシャーなどを使ってもOK)つぶしておきます

全体がクリーム状で、ところどころ5mmくらいの粒が混ざってる感じ

 

もう一つのボウルに(B)の材料を全部入れて、泡立て器かハンドミキサーで混ぜていきます

ハンドミキサーの場合は最初は低速で(水分が多いので飛び跳ねないように気をつけて)徐々に速度を上げて(中速ぐらいまで)全ての材料が馴染んで滑らかになるまで混ぜます

 

このボウルにつぶしたバナナを加え、ゴムベラで全体に混ぜ込みます

 

(A)の粉類を2回に分けて加えて、ゴムベラで切るように混ぜ込んでいきます

「切るように」というのは、へらを包丁のように立てて使うイメージ

(へらの面を寝かせて生地を押さえ込まないように)

生地の中に空気が入ってふんわりする感じをイメージしながらさっくり混ぜ込んでください

粉が見えなくなって全体に混ざったらOK

混ぜすぎると膨らみにくくなるので気をつけてください

 

生地はこれで出来上がり!

生地の状態はトロっと柔らかいクリーム状のはず

用意した型の8分目まで入れて

型ごと10cmくらいの高さから2~3回落として生地の中の空気を抜きます

パウンド型を使って残った生地はプリンカップなどに入れて一緒に焼きましょう

(その場合も敷き紙を入れてくださいね)

 

生地の表面にグラニュー糖をパラパラっとふりかけてオーブンに入れます

 

火力が弱めの電気オーブンなら185度くらい

火力が強めのガスオーブンなら180度くらい

 

パウンド型は30分から40分

カップケーキ型は15分から25分

 

真ん中に竹串を刺して生地がついてこなければ焼き上がりです

 

型ごと網などに乗せて粗熱が取れるまでおいてからケーキを取り出します

 

焼きたての温かい状態も美味しいけど、完全に冷めてからラップで包んで1日くらい置くと、全体がしっとり馴染んでさらに美味しくなります

 

紅茶、コーヒー、日本茶、牛乳・・どんな飲み物とも相性の良いバナナブレッド

おうちでのんびり楽しんでいただけたら嬉しいです

​***

© Tiny Toria Tearoom 2016 サイト内の全ての文章・画像の転載を禁じます